十分な葉酸を摂取することは・・・

妊婦にとって、十分な葉酸を摂取することで得られる効果には、さまざまなものが認められています。

中でも特に適切な葉酸摂取が、胎児の先天的脳障害のリスクを下げる事に繋がるという点は重要な効果です。

今現在、妊活中あるいは妊娠の可能性がある方は、普段の生活の中で、十分に葉酸摂取を心がけることがおススメです。

例えば、葉酸のサプリならば摂取が難しくないですからおススメですね。

葉酸の摂取が一番必要とされる時期は受精した直後からです。

そのため、子供ができたとわかってから、「葉酸・・・!」と後悔する母親もたくさんいます。

そんなことにならないように、妊娠したいと思っている女性は日々葉酸を摂取することをおすすめしています。

葉酸は妊娠初期だけ必要と考えられますが、、そうじゃないんですね。

妊娠中期から後期にも胎児の発育を促進したり、母子共に悪性貧血から守ったり、妊娠中毒症を予防したりなど欠かせない役目をするのです。

授乳を終えるまでは、継続して葉酸を摂取することが大切です私の場合、結婚した後すぐに妊娠を考えていたので、雑誌やインターネットのサイトでサプリメントなどで、葉酸を妊娠する前から摂っていくことが赤ちゃんの順調な発育を助けるとあちこちに書かれていたので、妊娠したときあわてないように、毎日サプリメントを飲みました。

後で、妊娠何週目まで葉酸を摂った方が良いのか確認しました。

一度にたくさん摂らなければ赤ちゃんの発育にも母体にも、葉酸はずっと必要だと書いてあったので、無事生まれてくるまでサプリメントを飲むつもりです。

不妊の一因は冷え性だともいわれています。

体温の低い状態が続くと血液の流れが阻害され、食事から摂る栄養素が体に有効に行き渡らず、排卵障害や子宮の機能が低下することが知られています。

こういった症状の改善には昔からお灸が使われてきました。

血液の循環を良くして代謝機能を底上げするだけでなく、施術中のリラックス効果もあるのが魅力です。

Continue reading